Archives by Month:
Archives by Category:
Entry: << 念願の古びた小手を手に入れたぞ | main | Amazonで激安中華アクションカメラ『APEMAN A66』を買ってみた >>

親父が死んだ日

[JUGEMテーマ]僕の私の日記帳

【5月16日】入院後も親父の病状は悪化の一途を辿っている。薬も自分ひとりでは飲めなくなっていた。手伝ってあげたいけれど僕にはできなかった。なぜかはうまく言えない。

【5月17日】今日は病院に行かなかった。親父のことが心配だったが、でも行かなかった。親父はわかってくれているはず。きっとわかってくれているはず。

【5月18日】親父はもうほとんど喋れなくなっていた。話しかけると僕をずっと見つめている。親父の目頭に涙のようなものが見えた時、それが何を意味するのかは理解できた。僕は非常階段の踊り場に出た。

【5月19日】一日中家にいた。電話が鳴るのが怖い。

【平成20年5月20日】
午後五時過ぎに電話が鳴る。病院にいるお袋からだった。内容は聞かなくてもわかる。すぐに病院へ向かった。

親の死…それは誰もが経験するであろう、あるいは既に経験していることなのだけれど、今の僕にとってはとても受け入れられない、受け止められないことであった。
周りに誰もいないことを確認してから親父の死に顔を見た。
寂しかったよね。
悲しかったよね。
自分の息子が碌に病院にも来ない人間になるとは思ってもいなかったよね…。

少し経つと近くの親戚の人達が集まり、葬儀屋など必要なところに連絡をしてくれた。まったく何もできず立ち尽くしているだけの自分が腹立たしかった。

帰宅後、古いアルバムを開いてみた。そこにはまだ小さな僕を抱き満面の笑みを浮かべる若き日の親父がいた。彼の人生で最高の笑顔。それがなおさら悲しい。
涙が止まらない。

0
    Catergory in 1980円 comments(0) trackbacks(0)
    Comment
    Leave a Reply








    送信する
    Trackback