Archives by Month:
Archives by Category:

親父が死んだ日

【5月16日】入院後も親父の病状は悪化の一途を辿っている。薬も自分ひとりでは飲めなくなっていた。手伝ってあげたいけれど僕にはできなかった。なぜかはうまく言えない。

【5月17日】今日は病院に行かなかった。親父のことが心配だったが、でも行かなかった。親父はわかってくれているはず。きっとわかってくれているはず。

【5月18日】親父はもうほとんど喋れなくなっていた。話しかけると僕をずっと見つめている。親父の目頭に涙のようなものが見えた時、それが何を意味するのかは理解できた。僕は非常階段の踊り場に出た。

【5月19日】一日中家にいた。電話が鳴るのが怖い。

【平成20年5月20日】
午後五時過ぎに電話が鳴る。病院にいるお袋からだった。内容は聞かなくてもわかる。すぐに病院へ向かった。

親の死…それは誰もが経験するであろう、あるいは既に経験していることなのだけれど、今の僕にとってはとても受け入れられない、受け止められないことであった。
周りに誰もいないことを確認してから親父の死に顔を見た。
寂しかったよね。
悲しかったよね。
自分の息子が碌に病院にも来ない人間になるとは思ってもいなかったよね…。

少し経つと近くの親戚の人達が集まり、葬儀屋など必要なところに連絡をしてくれた。まったく何もできず立ち尽くしているだけの自分が腹立たしかった。

帰宅後、古いアルバムを開いてみた。そこにはまだ小さな僕を抱き満面の笑みを浮かべる若き日の親父がいた。彼の人生で最高の笑顔。それがなおさら悲しい。
涙が止まらない。

JUGEMテーマ:僕の私の日記帳
0
    Catergory in 1980円 comments(0) trackbacks(0)

    ごめん

    俺は酒を飲まない。煙草は吸うが、酒は飲まない。世間一般では飲酒より喫煙のほうが嫌われているのは承知しているし、それに異を唱えているわけでもない。そして、意識的に酒を控えているわけでもないのだ。

    少し前の話だが、親父が入院した。肝臓病が悪化したのだ。親父は、俺が小さい頃から酒を浴びるように飲んでいた。酔っているときの親父は大嫌いだったし、子供ながらにこの世から酒なんてなくなってしまえばいいのにと思ったりもした。

    今日病院へ行って来た。親父は、太り気味だった以前の面影はなく、別人のように痩せこけていた。悲しかった。とても悲しかった。酒を飲んでいる親父は確かに嫌いだったが、この屑のような息子をここまで育ててくれた。俺にはとてもできないことだ。子供の頃から悪いことばかりしてきた俺だから、親父はとても苦労してきただろう。俺が生まれてからは良い人生とはいえなかっただろう。でも、今の俺には何もしてやれない。

    親父の肉をあんなに削ってしまったのは、酒と、そして俺なのかもしれない。
    ごめんね、おとうちゃん…。

    JUGEMテーマ:君。
    0
      Catergory in 1980円 comments(0) trackbacks(0)

      あの日僕達が見た風景

      今日本屋で裕二を見かけた。中学の時一番仲の良かった友達だ。その後別々の高校になってからは、今日までほとんど会う機会もなく過ごしてきた。当然のことながら中学校時代とはだいぶ変わっていたが、このように不意に会ってもわかる程度の面影は残しているようだ。避けたわけではないが、声をかけずに帰宅。そして買ってきた雑誌を開こうとしたその時、あの五年前の記憶が蘇ってきた。

      −中三の11月某日−
      裕二は一年生の真弓を好きになったと僕に告白してきた。僕より本人に告白したほうがいいのではないかと思いつつも、どんな子なのか興味があったので二人で真弓を見に行き、こんなところが良いとかそうでもないとか勝手に二人で盛り上がっていたものだ。僕から見た真弓は、可愛らしい子ではあるが僕の好みのタイプではなかった。まあ僕達二人の好みが違うということは取り合いにならないということでもあるのだけれど。
      −12月某日−
      僕には二つ下の妹がいる。そう、あの真弓と同学年。学年ばかりかクラスも一緒だった。それを知った裕二は、妹から真弓の住所を聞き出して欲しいと言ってきた。年賀状を出したいらしい。まったく知らない人から年賀状が来たら怖がられるんじゃないかと思ったが、そこのところはあまり深く考えないことにして妹に聞いてみる。もちろん裕二に頼まれたということも忘れずに言った。僕が知りたがっていると勘違いされた日には何を言われるかわかったもんじゃないから。住所はクラス全員の名簿みたいなものがあってすぐにわかった。が、もうひとつ裕二にとっては聞きたくないであろうことまで聞かされてしまったのだ。それは…真弓には好きな人がいるらしいということだった。好きなだけなのか付き合っているのかまでは聞かなかったが、とにかくそういうことらしい。次の日僕は裕二に真弓の住所を書いた紙切れを手渡す。しかし、彼女に好きな人がいるということは、僕にはとても言えることではなかった。
      −翌年1月某日−
      そこには朝からハイテンションの裕二がいた。真弓から年賀状が届いたらしい。それが義理だとしてもわざわざお返しに出してくれるということは、彼女は結構やさしいのだろう。ただ、あのことを知っている僕としては、素直に彼と一緒によろこんでやる気分にはなれなかった。いつもより口数の多い裕二と少ない僕、それはその日一日中続いた。


        僕にはさ ひとつの夢があったんだ
        あっそうだね 夢なんて誰でも持ってると思うし
        僕もひとつだけじゃないかもしれない
        えっとね いちばん大切な夢のことだよ

        でもさ それを捨てなきゃいけなくなったんだ
        他の夢はいつまでも持ち続けていられるんだけど
        これだけはそうできないらしいんだよ

        夢ってさ 今まで実現したことがないから予定通りってとこなのかな
        だけどね 予定通りなんだけどね なんだか涙が止まらないんだよ
        ずうっとね 涙が止まらないんだよ


      −2月某日−
      真弓が転校するらしい。それも一週間後に。情報源は妹なので間違いはなかった。次の日、裕二に会うと真っ先にそのことを伝えた。一瞬驚いたような表情を見せたが、「そう」とだけ答えた。真弓には好きな人がいる。でも、もうすぐいなくなってしまう。結果はどうあれ気持ちを伝えてたほうがいいんじゃないかと僕は思った。
      「なあ裕二、この際はっきり言っちゃえよ」
      「いや、やめとくよ」
      「もうすぐ転校しちゃうんだぞ」
      「……」
      「ダメもとでいけよ。言わなかったらずっと後悔するんじゃないか?」
      「…でも…あの子には好きな人がいるんだよな…」
      ポツリと言った裕二のその言葉は、僕は胃の辺りをキューと締め付けた。が、冷静さを装い会話を続ける。
      「なんでそんなことわかるんだ?」
      「……」
      「裕二!」
      「なんとなくだよ」
      「いつからそんなこと考えてたんだ?」
      「うーん…いつだったかな」
      「じゃあ、もうそれでもいいから言っちゃえよ」
      「…………」
      「それでいいのか?裕二!」
      「…ああ…いいんだ…」
      裕二は僕から少し離れ、宝物のように大切にしていた真弓からの年賀状をずっと見つめていた。彼の肩が震えたようにも見えたが、それは僕の心が震えたせいだったのかもしれない。

      その日は裕二と徒歩で帰った。あまり言葉を交わさなかったけれど、その日に限ってのそれは僕達にとって必要なものではなかった。

      今でも憶えている。あの帰り道。
      あの頃は遠くの景色が今よりずっと近くに見えたような気がする。

      JUGEMテーマ:むかしのはなし。
      0
        Catergory in 1980円 comments(0) trackbacks(0)

        前田亜季は南極2号の夢を見るか?

        みなさん、おはようございます。今日から日記を書くことになりました47歳メル友募集中のTENGAです。詳しくはタイトルを必ず「詳細希望」としてメールください。その他のタイトルでは一切受け付けておりませんので予めご了承ください。

        さて日記といいましてもワタクシの場合2年に一度程度更新すれば良いほうでして、次がいつになるかは不明。これが最初で最後になる可能性も無きにしも非ず。二重否定の確実であったりなかったりします。実は今までもありとあらゆるタイプのサイトを作っては消してまいりました。ブラクラサイト、リンクのみのアダルトサイト、ゲームロム配布サイト、ウィルスばらまきサイト、パス抜きサイト、ワンクリック詐欺サイト等々、需要の高い優良サイトがほとんどでしたが、ここと同じような日記ブログサイトも1日だけ運営し好評を博したことがあります。本当はもっと続けたかったのですが、
        堀北真希チャンヵゎぃ勹ナょぃ!??
        ゐんなゎ誰ヵゞ好き〒゛すヵぁ???o((*≧∀≦*)◎

        という日記を公開した途端に予想だにしなかった多数のアクセスを頂き、転送量オーバーでサーバを追い出されてしまったのでした。

        前置きが長くなってしまいましたが、最初にも書いたようにセフレを6人募集中です。厳しい面接試験を経た後に晴れて正式承認を受けられるわけですが、まずはメールで詳細をお問い合わせください。折り返し返信いたします。え?メアドを教えろって?
        ググレカス!

        JUGEMテーマ:自己紹介
        0
          Catergory in 1980円 comments(0) trackbacks(0)